会社概要

* 出来ましたらご連絡は、メールもしくはFAX にてお願いいたします。

 

事業内容

 【岩絵具製造】

  原料は陶磁器の釉薬(うわぐすり)等を約1,000℃ほどで ガラス状に焼き固め、

  その塊を粉砕し、粗さを揃えて 分別した物です。もともとが色ガラス状なので色の

  退色が 少ないのが特徴です。粉砕には石臼を使い時間をかけて 挽き潰しています。

  石臼を使用すると、粒子の角が取れて 丸い形に近づきますので、使用にあたり

  絵具の伸びが良くなっています。 粗さを分ける行程は、水に分散させた物を時間を

  置いて上水を除けることによって 選り分ける、いわゆる水簸(すいひ)精製で

  仕上げています。

 

 【販売業務】

  準備中

事業略歴

 昭和元年  初代吉岡友三郎が人造岩絵具の開発に携わる

 

  昭和36年  京都市右京区梅津に岩絵具専用工場「吉岡絵具製造所」として設立

 

  昭和44年  二代目吉岡友一が京都府京田辺に新工場 屋号「吉岡絵具工業」に変更

 

  昭和50年  現代表吉岡晃司が経営及び製造を始める

 

  平成20年  販売部門として「みやこえのぐ」を設立 小売販売を開始する

 

   現在に至る

お問い合わせ

メモ: * は入力必須項目です

※みやこえのぐの社章は

石臼を図案化しています。